2013年8月2日金曜日

ダイビング用フィンへのステッカー貼り付けについて



ダイビング用フィンのステッカー貼付について多くのお客様からお問い合わせが有りましたのでご案内させて頂きます。

基本的にフィンの素材はステッカーが貼りつきにくい物が多いと思われます。
メーカーや種類により異なると思いますが、表面がサラサラしていて撥水の良いフィンはほぼそのままでは貼付できません。
ダイビング用のフィンもかなり進化しているのですね。

先日、友人が新しいフィンを買ったからステッカー貼ってよー!と来ました。
フィンの種類はGALL『WARP FIN』 表面はとてもサラサラして良い感じでした。
よし、貼ってみようとなった時全く貼付できません。
???なんで、何で?となりベンジンで表面をクリーニングのやり直し。
それでも全く貼付出来ず、苦戦。
もし、ちょっとくっついても海で使えばすぐに剥がれてしまう状態でした。
基本に戻って食器洗い洗剤で洗ってみようと水をかけた途端解決しました。
表面がサラサラしているやさしいピーチスキンのような状態は超撥水の為の表面加工でした。これではステッカーが全く貼りつきません。
食器洗い洗剤で貼付しようとしているところをゴシゴシと洗い、撥水加工を落して貼付してみまたら、バッチリ貼付できるようになりました。
もちろん、ゴシゴシと洗った部分の撥水は無くなってしまいました・・・

フィンの種類によると思いますが、食器洗い洗剤で洗ってから貼付することをおすすめします。
撥水が無くなりますので、自己責任でお願いします!

フィンへのステッカー貼付はある程度消耗品と考えます。
ボディーボード用フィンへ貼付している方も多くいて当方周りでは週に3-4日使用している方も多くいらっしゃいます。半年持つ方、1年持つ方とバラバラですが、剥がれて来たら貼り換えるようです。ハード(固い)素材ではない為、車のガラス等とは違い耐久性は落ちる事をご理解下さい。

ステッカーを貼った自分のオリジナルフィンでダイビング楽しんでください。

写真は以前お客様よりご提供頂いたものになります(ありがとうございます)
GALL『WARP FIN』では有りません(すいません、当方ダイビングを行わないので写真のフィンの種類は不明です)

こちらのブログもダイビング用フィンへのステッカー貼付を掲載しています。
http://singkenken38.blogspot.jp/2014/02/blog-post_28.html 
ご参考にしてみてくださいね。

いろいろなカッティングステッカーを作成しています。
カッティングステッカー SingKenKen シンケンケン
ホームページ:http://singkenken.ocnk.net/



0 件のコメント:

コメントを投稿